大阪府【柏原市】の弁護士事務所(柏原・八尾・藤井寺・羽曳野・東大阪・王寺・三郷・香芝・奈良対応) 【いろは綜合法律事務所】
遺言・相続・成年後見・不動産取引・借金問題・過払い金返還・自己破産・交通事故・離婚・等の法律相談は柏原の弁護士に!

いろは綜合法律事務所

大阪府柏原市の地域密着型の法律事務所(弁護士事務所)です。            Tel:072-972-1682

いろは綜合法律事務所HOME>>遺言
遺言

 残念ながら、人は必ずいずれは死にます。しかし、その亡くなった人の財産も同時に消滅するわけではありません。そこで、この残された財産の処分、分け方等、自己の死後のことを後に残された者に任せておく必要があります。しかし、自分が死んだ後は、その指示をすることはできません。そこで、生存中に、遺言というかたちで、明確に、意思表示しておく必要があります。

 せっかく、配偶者や子供たちのためにと思い、財産を残したのに、その財産をめぐって、妻や子供たちが、喧嘩や仲違いすることは残念なことです。死後のことを、遺言という形で残し、指示するということは、その意味でも、道義的義務と言えるのではないでしょうか。

 この遺言書を残しておくべきという子孫に対する道義的責任は、財産の大小によって影響するものではありません。財産が多かろうが、少なかろうが、大切な財産であることには、何ら代わりがないからです。

 しかし、簡単に遺言書と言っても、民法上、厳格な様式が定められています。この厳格な様式を満たしていない遺言書は、法律上、無効とされてしまいます。せっかく、死後の紛争予防のために遺言を残したのに、それが無効とされてしまったのでは、何の意味もありません。

 このように、遺言が無効になるという最悪の事態に陥らないためにも、法律の専門家たる弁護士に、遺言書作成に関与してもらうのが、一番適切な方法です。


弁護士に依頼し遺言書を作成することのメリット

@ 死後の遺産をめぐる紛争を予防できる。

A 遺言できること、できないことのアドバイスがもらえる。

B 内縁の妻や長男の嫁といった相続権はないが世話になった者に  も遺産が残せる。

C 無効な遺言書を作成してしまうことを防止できる。

D 公正証書遺言にすれば、紛失・偽造のおそれがない。

E 公正証書遺言ならば、家庭裁判所の開封・検認という手続が不   要である。

F 遺言執行者を選任しておけば、遺産分配の手続をしてもらえる。



 残される配偶者や子供たちのためにも、弁護士に関与してもらい、遺言書を作成しておきましょう。

Tel:072-972-1682






いろは綜合法律事務所

Tel:072-972-1682

大阪府柏原市の弁護士事務所

遺言・遺産相続・遺産分割の相談は弁護士に!
受任可能地域

柏原・羽曳野・藤井寺・八尾・東大阪・松原・・富田林・河内長野・大東・四条畷
大阪市
・守口・枚方・寝屋川・交野・高槻・茨木・摂津・豊中・池田・吹田・箕面・門真
貝塚・岸和田・和泉・泉大津・阪南・泉佐野・泉南・高石・大阪狭山等・大阪府全域
王寺・三郷・香芝・高田・奈良市・橿原等・奈良県全域・京都市・京田辺市等・京都府
神戸・伊丹・尼崎・西宮・宝塚・川西・芦屋等兵庫県全域・和歌山県・滋賀県・三重県