大阪柏原市の弁護士事務所(八尾・藤井寺・羽曳野・松原市・東大阪・河内長野・奈良県対応) いろは綜合法律事務所
過払い請求・債務整理・借金問題・任意整理・過払い金・自己破産・多重債務・クレサラの無料相談は柏原の弁護士に!

いろは法律事務所

大阪柏原市のいろは総合法律事務所(弁護士事務所)です。            Tel:072-972-1682

いろは綜合法律事務所HOME>>コラム集>>借金問題・債務整理>>借りたものは返したい
借りたものは返したい


 借金の返済に行き詰まって、相談に見えられる方が、「今のままでは返済できないのですが、借りたものは返したいのです。だから自己破産はしたくないのです」と言われる場合があります。


 「借りたものは返す」という考えがまだまだ日本に根付いており、それは正しい発想だと思います。


 そして、この相談者の希望を叶える手段が任意整理ということになります。任意整理とは、適正な残借金額を確定し、その残った借金を3年の分割で返していくよう契約を結びなおすという借金の整理方法です。


 但し、常に任意整理ができるというわけではありません。任意整理ができるためには分割でも返していけるだけの支払い原資がなければなりません。この支払い原資がなければ、いくら任意整理を希望されても、各業者と分割返済案をまとめあげるわけにはいきません。まとめても、返済がすぐに破綻することは目に見えているからです。


 一度、「これから返していけるかわかりませんが、とりあえず任意整理をしてください。任意整理をしてみて、支払いが無理になったらまた自己破産すればよいと思うので」と言われたことがあります。


 しかし、このような軽い気持ちでの任意整理では、絶対に返済に行き詰まり、自己破産に移行せざるを得ないと思いますので、受任をお断りしました。返済できない任意整理はまとめあげてもムダですから、それなら最初から自己破産を選択した方がよいので。


 結局、「借りたものを返したい」という希望が叶うかどうかは、任意整理した場合、分割で返していくときの支払い原資が確保できるかどうかによるのです。





いろは綜合法律事務所

Tel:072-972-1682

大阪柏原市の法律事務所
過払い請求・債務整理の借金無料相談は柏原市の弁護士に!
受任可能地域

柏原市・羽曳野・藤井寺・八尾・東大阪・松原市・富田林・河内長野
大阪市・堺市・大東市・四条畷・
守口・枚方・寝屋川・交野・高槻・茨木
摂津・豊中・池田市・吹田・箕面・門真・貝塚市・岸和田・和泉市・阪南
泉大津・泉佐野・泉南・高石市・大阪狭山等・大阪府全域・京都・滋賀
王寺町・三郷町・香芝・大和高田市・奈良市・奈良県・三重県・和歌山
神戸市・伊丹市・尼崎・西宮・宝塚・川西市・姫路・明石市・芦屋・兵庫