大阪柏原市の弁護士事務所(八尾・藤井寺・羽曳野・松原・富田林・東大阪・堺市・奈良県対応) いろは法律事務所
過払い請求・債務整理・借金問題・任意整理・過払い金・自己破産・多重債務等の無料法律相談は柏原の弁護士に!

いろは法律事務所

大阪柏原市のいろは総合法律事務所(弁護士事務所)です。            Tel:072-972-1682

いろは綜合法律事務所HOME>>コラム集>>過払い請求>>過払いの時効はいつから?
過払いの時効はいつから?


 以前、T社に対して、過払い金返還交渉をしたところ、平成10年以前から発生している過払い金は時効消滅しているとして、個別進行説(過払い金は、発生するごとに消滅時効が進行するという考え方)を主張されたということをご紹介したことがあったと思います。


 交渉では埒があかないので、この事案は、訴訟提起となりました。そして、ダラダラと期日を延ばされるのがイヤだったので、他の方のT社に対する過払い請求と併合して、訴額を140万円以上にして、地裁に提訴しました。


 その後、T社からは、お決まりの「詳細は、現在、調査中である」との答弁書が出されて、1回目の期日は、次回期日を決めるだけのものに。その後、2回目の期日の前に、T社から電話があり、何ら時効消滅の主張もなく、請求額ほぼ満額の提示があり、和解となりました。


 結局、個別進行説の主張は、やはり、交渉段階でのブラフに過ぎなかったようです。個別進行説に対する準備書面も用意しはじめていたのですが、何か拍子抜けでした。しかし、ダラダラと裁判が続かず、和解で満足いく結果が得られたので、良かったです。


 ところで、来年の1月に、この過払い請求の時効の起算点(いつから始まるのかということ)について、最高裁で弁論が開かれるそうです。最高裁で弁論が開かれるということは、あまりなく、弁論は、高裁の判決を変更する場合などに開かれます。


 そして、今回、この弁論が開かれる事件の高裁判決は、サラ金側に有利な個別進行説を認めたものだそうです。とすると、弁論を開くということは、最高裁が、初めて、時効の起算点について、個別進行説を排斥する判断をするのではと言われています。


 過払い請求者側に有利な取引終了時説(サラ金との取引が全て終わった時点から過払い金請求の消滅時効は始まるとの考え方)又は弁護士受任時説(弁護士に過払い請求を依頼した時から消滅時効は始まるとの考え方)が最高裁で判決されることが期待です。


 最高裁判決が出れば、交渉段階でも、個別進行説をサラ金側が主張してくることも減り、少しは早期解決につながるのではと期待しています。





いろは綜合法律事務所

Tel:072-972-1682

大阪柏原市の法律事務所
過払い請求・債務整理の借金無料相談は柏原市の弁護士に!
受任可能地域

柏原市・羽曳野・藤井寺・八尾・東大阪・松原市・富田林・河内長野
大阪市・堺市・大東市・四条畷・
守口・枚方・寝屋川・交野・高槻・茨木
摂津・豊中・池田市・吹田・箕面・門真・貝塚市・岸和田・和泉市・阪南
泉大津・泉佐野・泉南・高石市・大阪狭山等・大阪府全域・京都・滋賀
王寺町・三郷町・香芝・大和高田市・奈良市・奈良県・三重県・和歌山
神戸市・伊丹市・尼崎・西宮・宝塚・川西市・姫路・明石市・芦屋・兵庫