大阪柏原市の弁護士事務所(八尾・藤井寺・羽曳野・東大阪・豊中・池田市・箕面・吹田対応) いろは法律事務所
過払い請求・債務整理・借金問題・任意整理・過払い金・自己破産・多重債務等の無料法律相談は柏原の弁護士に!

いろは法律事務所

大阪柏原市のいろは総合法律事務所(弁護士事務所)です。            Tel:072-972-1682

いろは綜合法律事務所HOME>>コラム集>>過払い請求>>過払い金訴訟と本人出頭
過払い金訴訟と本人出頭

 

 過払い金の返還交渉を貸金業者としたが、任意で返してくれないとなると、訴訟をせざるを得ないということになります。


 そして、そのことを依頼者の方に伝えると「訴訟まではしたくない」と言われる方が結構います。


 たしかに、裁判となると何か重々しい感じがあるので、「裁判まではちょっと」ということになるのかもしれません。しかし、裁判と言っても、過払い訴訟に関しては、そう重々しく感じる必要はありません。


 なぜならば、特に争点のない事案なら、ほとんど勝訴的和解で終わるからです。


 また、裁判に対する誤解から、重々しく感じておられるのかもしれません。裁判に関して、一番多い誤解は、「依頼者本人も毎回裁判所に行かなければならないのでは?」というものです。仕事があるのに、平日に何回も裁判所に出て行かなければならないのは困るということです。


 確かに、司法書士に依頼した場合には、地裁事件になると、依頼者ご本人が毎回裁判所に行かなければならないので、これと混同・誤解されているのかもしれません。


 しかし、弁護士に依頼すれば、基本的には、依頼者ご本人は、裁判所に行く必要はありません。弁護士は、簡裁代理権・地裁代理権、共に持っていますので、どの裁判所にも、依頼者の代理人として出頭できます。書類も全部、弁護士が作ります。依頼者の方は、裁判が終わるのを待っているだけです。


 したがって、弁護士に依頼すれば、後は、おまかせなので、裁判と言っても、全然恐れる必要はないのです。





いろは綜合法律事務所

Tel:072-972-1682

大阪柏原市の法律事務所
過払い請求・債務整理の無料相談は大阪柏原市の弁護士に!
受任可能地域

柏原市・羽曳野市・藤井寺市・八尾市・東大阪市・松原市・堺市・富田林市・大阪市
河内長野市・大東市・四条畷市・
守口市・枚方市・寝屋川市・交野市・高槻市・茨木市
摂津市・豊中市・池田市・吹田市・箕面市・門真市・貝塚市・岸和田市・和泉市・阪南市
泉大津市・泉佐野市・泉南市・高石市・大阪狭山市等・大阪府全域・京都府・滋賀県
王寺町・三郷町・香芝市・高田市・奈良市・橿原市等・奈良県全域・三重県・和歌山県
神戸市・伊丹市・尼崎市・西宮市・宝塚市・川西市・姫路市・明石市・芦屋市等・兵庫県