大阪柏原市の弁護士事務所(八尾・藤井寺・羽曳野・東大阪・枚方・寝屋川対応) いろは綜合法律事務所
借金問題・債務整理・過払い金請求・任意整理・自己破産・多重債務等の無料法律相談は柏原の弁護士に!

いろは法律事務所

大阪柏原市のいろは総合法律事務所(弁護士事務所)です。            Tel:072-972-1682

いろは綜合法律事務所HOME>>コラム集>>過払い請求>>過払いか否かの判断要素
過払いか否かの判断要素

 
 過払い金が発生しているかどうかは、貸金業者から取引履歴を取り寄せて、引き直し計算してみなければ、はっきりとはわかりません。


 ただ、いろいろな要素から、引き直し計算をする前でも、「過払い状態ではないかな?」との大体の予測はつきます。


 まず、過払金が発生するための最低条件は、高い利息で貸金業者からお金を借りている必要があります。具体的には、年18%以上の利息で借り入れをしている、または借り入れしていた必要があります。


 2年ぐらい前までは、29.2%もしくはそれに近い利息だったが、2年前に利息を18%に下げてもらったという場合も大丈夫です。29.2%もしくはそれに近い利率で借り入れしていたならば、その利率で借りていた時期は、払わなくてもよい利息を払っていたことになりますので、過払いの可能性があります。


 その上で、ある程度の期間、サラ金・クレジット会社から借り入れしていることが必要です。具体的には、5年〜7年以上が、大体の判断基準です。これ以上の期間、サラ金等から借り入れしていたならば、過払い金が発生している可能性が高いです。


 但し、既に、完済している場合には、5年〜7年よりも短期の取引であっても過払い金が発生しています。


 その上で、@実際の貸付利率、A貸付枠、B直近における貸付枠の拡大の有無、C借入・返済状況等から判断します。


 すなわち、@実際の貸付利率が高い方が、本来、支払わなくてよい利息をたくさん支払っていたということになりますので、過払い金発生の可能性が高まります。


 また、A貸付枠が大きい方が、支払わなくてよいたくさんの利息も返済していたということになりますので、過払い金発生の可能性が高いと思われます。


 一方、B直近で、貸付枠が拡大し、その枠限度まで借り入れしたときは、新たな借入を行ったのと同じことですので、過払い金の発生の可能性を妨げる要素となります。


 さらに、C貸付・返済の状況は、最初に、枠いっぱいまで借り入れし、その後、利息だけを毎月、きちんと返しており、新たな借り入れをしていないという時が一番、早く過払金が発生します。一方、「返して、枠が空いては借り」の繰り返しだと、新たな借り入れがあるので、なかなか過払い金は発生しにくいです(但し、それでも7年もそのような貸付枠天井張り付き状態が続いていたら、過払い金は発生している可能性は高いですが・・・)。


 したがって、過払か否かの判断は、サラ金等との取引期間の長さが最も重要な要素であることには間違いないですが、その他にも上記の@〜Cの要素も加味されて、判断されます。


 したがって、もし、自分にも過払い金が発生しているのではないかなと思ったら、一度、弁護士に相談してみるのが、一番です。

 




いろは綜合法律事務所

Tel:072-972-1682

大阪柏原市の法律事務所
過払い金請求・債務整理の無料相談は大阪柏原市の弁護士に!
受任可能地域

柏原市・羽曳野市・藤井寺市・八尾市・東大阪市・松原市・堺市・富田林市・大阪市
河内長野市・大東市・四条畷市・
守口市・枚方市・寝屋川市・交野市・高槻市・茨木市
摂津市・豊中市・池田市・吹田市・箕面市・門真市・貝塚市・岸和田市・和泉市・阪南市
泉大津市・泉佐野市・泉南市・高石市・大阪狭山市等・大阪府全域・京都府・滋賀県
王寺町・三郷町・香芝市・高田市・奈良市・橿原市等・奈良県全域・三重県・和歌山県
神戸市・伊丹市・尼崎市・西宮市・宝塚市・川西市・姫路市・明石市・芦屋市等・兵庫県