大阪柏原市の弁護士事務所(八尾・藤井寺・羽曳野・松原・河内長野・堺・奈良対応) いろは綜合法律事務所
借金問題・債務整理・過払い請求・任意整理・自己破産・多重債務・クレサラ等の法律相談は柏原の弁護士に!

いろは法律事務所

大阪柏原市のいろは総合法律事務所(弁護士事務所)です。            Tel:072-972-1682

いろは綜合法律事務所HOME>>コラム集>>過払い請求>>過払い預金
過払い預金

 

 過払い金が発生している場合、又は発生していると思われる場合、「過払い金とは何か?」というご説明をするのですが、なかなか理解してもらえないということも、時々あります。


 今まで、何年・何十年と、毎月、返済を続けてきた債務者であった方が、過払い金の発生により、一転、債権者に代わるということが、どうも合点がいかないということらしいです。


 たしかに、クレジット会社やサラ金からお金が戻ってくるということは、数年前なら、考えも及ばなかったことですので、どうもいまいち、理屈はわかっても、説明だけでは、実感がわかないと言われるのは、まさにその通りだと思います。


 その場合、私は、よく以下の比喩を使います。


 すなわち、銀行にお金を10年定期で預けていたら、10年経ったら、満期を迎えて預金が下ろせるようになります。過払い金もそれと同じようなものですと。


 すなわち、クレジット会社や、サラ金に、定期預金としてお金を預けていたのです。「過払い預金」と考えてくださいと。それが、ある時期を迎えた段階で、満期を迎えたのです。だから、その満期を迎えた分のお金が取り戻せるのですと。


 但し、銀行の定期預金なら、本人確認の証明書と印鑑を窓口に持って行くだけで下ろせますが、このクレジット・サラ金への「過払い預金」は、銀行の定期預金よりも下ろすのに、少し面倒な手続きを要するのです。相手業者と交渉したり、時には、訴訟しないと下ろせないのですと。


 また、銀行預金なら、ペイオフで、銀行が破綻しても1000万円までは保証されますが、このクレジット・サラ金業者に対する「過払い預金」は、そのような保証がないのですと。だからこそ、できる限り、早く、現金化する必要がありますと。


 銀行から預金を下ろすとき、委任状を書いて、他人に下ろしてきてもらうことがあるように、「過払い預金」も、委任状を書いて他人に下ろしてもらうことができるのですと。そして、この「過払い預金」の場合は、代理しておろせる権限があるのは弁護士と、一部の司法書士だけですと。


 もちろん、出資法がどうたらこうたら、利息制限法がどうたらこうたらで、グレーゾーンがどうのこうので、過払い金が発生しますという説明もしますが、こういう、ややこしい説明よりも、上記の比喩を説明した方が、わかってもらえる場合もあるので、こういうたとえ話もします。


 まあ、こういう説明よりも、一番、「過払い金とは何か?」がわかってもらえるのは、実際に過払い金が返ってきて、それを依頼者の方にお返ししたときなのですけど・・・。「百聞は一見にしかず」ですね。





いろは綜合法律事務所

Tel:072-972-1682

大阪柏原市の法律事務所
過払い金請求・債務整理の無料相談は大阪柏原市の弁護士に!
受任可能地域

柏原市・羽曳野市・藤井寺市・八尾市・東大阪市・松原市・堺市・富田林市・大阪市
河内長野市・大東市・四条畷市・
守口市・枚方市・寝屋川市・交野市・高槻市・茨木市
摂津市・豊中市・池田市・吹田市・箕面市・門真市・貝塚市・岸和田市・和泉市・阪南市
泉大津市・泉佐野市・泉南市・高石市・大阪狭山市等・大阪府全域・京都府・滋賀県
王寺町・三郷町・香芝市・高田市・奈良市・橿原市等・奈良県全域・三重県・和歌山県
神戸市・伊丹市・尼崎市・西宮市・宝塚市・川西市・姫路市・明石市・芦屋市等・兵庫県