大阪柏原市の弁護士事務所(八尾・藤井寺・羽曳野・松原・東大阪・奈良対応) いろは綜合法律事務所
借金問題・債務整理・過払い請求・任意整理・自己破産・多重債務・クレサラ等の法律相談は柏原の弁護士に!

いろは法律事務所

大阪柏原市のいろは総合法律事務所(弁護士事務所)です。            Tel:072-972-1682

いろは綜合法律事務所HOME>>コラム集>>過払い請求>>過払い請求の時効の起算点
過払い請求の時効の起算点

 

 数年前に、特定調停された方の過払い請求事件。


 特定調停したことで借金はゼロになりますが、過払い返還までは、簡易裁判所は、面倒を見てくれないので、過払い請求するためには、別途、弁護士に依頼する必要があります。


 そして、受任の上、計算し直してみると、約120万円ぐらいの過払いになっています。


 ということで、請求書をT社に送ると、3週間後ぐらいにT社から電話がかかってきました。


 T社 「請求書頂いている過払い返還の件ですが・・・」


 私  「はい」


 T社 「当社としましては、56万円で和解をお願いします。」


 私  「え、かなり低いですね。何か争点ありましたっけ?」←何も、争点なかったよなぁ?


 T社 「はい、平成10年以前発生の過払い金は時効を援用します。」


 私  「え、取引は、ずっと平成15年まで続いていますよ」


 T社 「はい、ですので、平成10年から平成15年までの過払い金はお返しします」


 私  「時効の個別進行説を主張するということですか?」


 T社 「はい、そういうことです」←今さら、まだ、個別進行説を主張するの?


 私  「とてもじゃないですけど、話になりませんので、訴訟提起します」


 T社 「そうですか、少し、上積みしても無理ですか?」


 私  「そもそも、根本の考え方が違うので無理です。」


 過払いにおける時効の起算点(出発点のことです)の考え方は、大きく分けて2つの考え方があります。すなわち、最後の取引が終わったときから全ての時効が進行すると考える説(取引終了時説)と、各個別の取引ごとに、それぞれ時効が進行するという説(個別進行説)です。そして、前者の取引終了時説が圧倒的通説です。裁判例も、取引終了時説でたくさん出ています(但し、最高裁判例はなし)。


 特に、中断もない事案で、まだ、個別進行説を主張してくるとは思いませんでした。こんな提示条件で、和解することは、後々のことも考えても、到底、できません。
 
 ということで、この案件は、訴訟提起することになりました。





いろは綜合法律事務所

Tel:072-972-1682

大阪柏原市の法律事務所
過払い金請求・債務整理の無料相談は大阪柏原市の弁護士に!
受任可能地域

柏原市・羽曳野市・藤井寺市・八尾市・東大阪市・松原市・堺市・富田林市・大阪市
河内長野市・大東市・四条畷市・
守口市・枚方市・寝屋川市・交野市・高槻市・茨木市
摂津市・豊中市・池田市・吹田市・箕面市・門真市・貝塚市・岸和田市・和泉市・阪南市
泉大津市・泉佐野市・泉南市・高石市・大阪狭山市等・大阪府全域・京都府・滋賀県
王寺町・三郷町・香芝市・高田市・奈良市・橿原市等・奈良県全域・三重県・和歌山県
神戸市・伊丹市・尼崎市・西宮市・宝塚市・川西市・姫路市・明石市・芦屋市等・兵庫県