大阪柏原市の弁護士事務所(八尾市・藤井寺市・羽曳野市・松原市・奈良県対応) いろは綜合法律事務所
借金問題・債務整理・過払い金請求・任意整理・自己破産・多重債務・クレサラ等の法律相談は柏原の弁護士に!

いろは法律事務所

大阪柏原市のいろは総合法律事務所(弁護士事務所)です。            Tel:072-972-1682

いろは綜合法律事務所HOME>>コラム集>>過払い請求>>特定調停後の過払い請求
特定調停後の過払い金請求

 
 「以前、特定調停をしたのですが、過払い請求することができますか?」とのご質問を、時々、受けます。

 
 その答えは、特定調停の調停調書に入っている文言によります。

 
 すなわち、「申立人の相手方に対する債務が存在しないことを確認する」といった文言が調停調書に入っているにすぎない場合は、過払い請求は可能です。このような条項を片面的清算条項と呼びます。

 
 しかし、「当事者双方は、債権債務がないことを相互に確認する」といった文言が入っている場合には、基本的には過払い請求は無理です。このような条項を清算条項と言います。

 
 このような条項が入っていると、過払い金返還請求権も債権ですので、「債権がないことを確認する」という部分によって、過払い金返還請求権も放棄したということになってしまうわけです。

 
 但し、このような清算条項が入っていても、絶対、過払い請求ができないかというと、必ずしもそうではないです。過払い金の部分については調停の効力は及ばないとしたり、錯誤無効の主張を認めた下級審判決もないことはないです。しかし、これらは、やはり、あくまでも救済判決であり、また、当然、裁判で争わなければならないことから、かなり難しいことには間違いありません。

 
 ですので、特定調停をするときにも、後の過払い請求のことを考えて、清算条項は、片面的清算条項にしておいてもらうことが必要です。





いろは綜合法律事務所

Tel:072-972-1682

大阪柏原市の法律事務所
過払い金請求・債務整理の無料相談は大阪柏原市の弁護士に!
受任可能地域

柏原市・羽曳野市・藤井寺市・八尾市・東大阪市・松原市・堺市・富田林市・大阪市
河内長野市・大東市・四条畷市・
守口市・枚方市・寝屋川市・交野市・高槻市・茨木市
摂津市・豊中市・池田市・吹田市・箕面市・門真市・貝塚市・岸和田市・和泉市・阪南市
泉大津市・泉佐野市・泉南市・高石市・大阪狭山市等・大阪府全域・京都府・滋賀県
王寺町・三郷町・香芝市・高田市・奈良市・橿原市等・奈良県全域・三重県・和歌山県
神戸市・伊丹市・尼崎市・西宮市・宝塚市・川西市・姫路市・明石市・芦屋市等・兵庫県