大阪柏原市の弁護士事務所(八尾市・藤井寺市・羽曳野市・松原市・奈良県対応) いろは綜合法律事務所
借金問題・債務整理・過払い金請求・任意整理・自己破産・多重債務・クレサラ等の法律相談は柏原の弁護士に!

いろは法律事務所

大阪柏原市のいろは総合法律事務所(弁護士事務所)です。            Tel:072-972-1682

いろは綜合法律事務所HOME>>コラム集>>過払い請求>>過払い請求と時効
過払い請求と時効


 
過払い金が理論上は発生していても、時効にかかっていると過払い金を回収することができません。


 そして、その過払い返還請求権の時効期間は、10年です。


 そして、いつから、10年かと言うと、その貸金業者と最後に取引を持ったときから計算します(但し、争いあり)。


 したがって、完済した後、サラ金等に過払い請求する場合(完済事案)は、最後に返済した日から10年ということになります。


 私が相談を受けた中でも、この完済事案で、時効にかかっていて、過払い請求ができないという事案が何件かありました。たった数ヶ月、早くアクションを起こすか否かで、数十万円〜数百万円の過払い金を回収できるかどうかが違ってきますので、時効にかかってしまっていた場合は、泣くに泣けないです。


 もちろん、サラ金側の時効の援用を、権利濫用等の法的構成で認めず、過払い請求を認めた下級審裁判例もないことはないですが、それでもあくまでも救済判決であり、やはり基本的には、過払い請求は無理ということになるのでしょう。

 とするならば、現在も、サラ金に借金が残っている場合は、サラ金との契約がまだ続いていることから、過払い金の時効の問題は生じないようにも思えます。


 この点、たしかに、一回も完済せず、ずっとサラ金との一つの契約が続いている場合は、時効の心配はないでしょう。


 しかし、一度、完済し、また同じ業者から借り入れた場合(途中完済事案)は、サラ金の方で、契約の分断の主張をしてきて、完済した分については、過払い請求について時効を援用される危険があります。もちろん、借り主側の弁護士の方では、それぞれの契約はまとめて一個であるとの一連の主張をしますが、分断の期間その他各種の事情から、一連の主張が認められない場合もあります。


 したがって、完全な完済事案のみならず、途中完済事案でも、前の完済分が10年の時効にかかる前に、過払い請求しなければなりません。


 ということで、大切な過払い金返還請求権が消えてしまわないように、早くアクションを起こすことが大切です。





いろは綜合法律事務所

Tel:072-972-1682

大阪柏原市の法律事務所
過払い金請求・債務整理の無料相談は大阪柏原市の弁護士に!
受任可能地域

柏原市・羽曳野市・藤井寺市・八尾市・東大阪市・松原市・堺市・富田林市・大阪市
河内長野市・大東市・四条畷市・
守口市・枚方市・寝屋川市・交野市・高槻市・茨木市
摂津市・豊中市・池田市・吹田市・箕面市・門真市・貝塚市・岸和田市・和泉市・阪南市
泉大津市・泉佐野市・泉南市・高石市・大阪狭山市等・大阪府全域・京都府・滋賀県
王寺町・三郷町・香芝市・高田市・奈良市・橿原市等・奈良県全域・三重県・和歌山県
神戸市・伊丹市・尼崎市・西宮市・宝塚市・川西市・姫路市・明石市・芦屋市等・兵庫県